インドの木彫は、おおらかに、や ら し い 。


からだのことを浅く広く、

ゆるーく学べる、
Sunariのブログへようこそ。



今日は

「インドの木彫は、

おおらかに や ら し い」


要するに、

セ ク シャリ ティーについてです。






題目を語る前に、

状況のご説明。


3/26に、

アーユルヴェーダ懇親会に

参加してきたんです。



タイマッサージやってたら、
インドがやたら出てくるから、

勉強したくなったのです



知り合いが誰もいない、

ひとりぼっちだったので、

とりあえず、インドの木彫を

バシバシ撮っていたのですね。




私が好きなガネーシャ様。

キバが一本なんだよ。

理由が神様のくせに、チャーミング。




振り向き美人、かわゆい




ラブ💖




よいではないか、よいではないか





・・・あれ?!

なんか変じゃない?


この男、パ ン ツ はいてる?!





       ↓↓↓


(コメントくれたのは、女性onlyでした)





こっちに至っては・・・




よいではないか、じゃねえ!!!!


何この男、

身なりいいのに、

下 品!!!!!

っていうか、

人としてどうなの?!


女、全力で逃げて〜〜〜〜!!!



なんでインド人は、

こんな妙な木彫を作ったのか・・・





と、そこへ・・・






博識女性からのコメントが。


どうやら、女性は

パールバディというらしく、

下 品と私が言った男は、

シヴァという旦那様。




しかもシヴァは、

インドの神様でした。


MAJIKA-YO!

ずいぶん生々しい神様だな!!!







そういえば、

雨の日に夜道を歩いていたら、

アスファルトと同じ色をしたカエルが

後 尾していたんですよ。







「道を歩いているだけで、
いきなり男に

上から乗っかられるとか、
蛙の世界は大変だな・・・」




と思ったんですよね。



脳内に「ラブストーリーは突然に」が

流れる余裕もなく

見ず知らずの雄の子を 孕 むのかと・・・






でもよーく考えたら、

人間も動物でした。

自分を特別視するところから、

人間、性格がこじれていきます。








日本の仏教は大乗仏教で、

性に関しては、

なんなら禁欲的なぐらい。

オブラートにくるまれすぎて、

輪郭も見えません。

(大仏さまは神々しいけど、

セ ッ ク ス アピールを感じないっす)



日本では、昔は、お坊さんは

結婚しちゃいけないとかでしたよね。





対して、インドの仏像はこんな。




おおらかに エ ロ い。

肉 感 的でセクシーです。


神々しさよりも、

生身感がつたわってきます。


これはミトゥナの男 女 交 合 像というそうです。




ミトゥナ像  ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説によると、


男女一組の性 的 結 合を表現したインドのヒンドゥー教の彫刻や絵画。ミトゥナは本来,男女一対,のち男女一体を意味し,具体的には男女の性 的 結 合の姿で表わされた。ヒンドゥー教ではシバ神とその神妃パールバティーが一体であることを示すため,シバ神に神妃が寄添う姿で表わされ,その形をミトゥナと称した。ヒンドゥー教遺跡の随所にみられるが,最も代表的なものはカジュラーホのミトゥナ像 (10~11世紀頃) とコナーラクのミトゥナ像 (13世紀頃) で,種々の姿 態による男 女 合 歓 が大胆かつ露骨に表現されている。


ヒンドゥー教ではシバ神とその神妃パールバティーが一体であることを示すため,シバ神に神妃が寄添う姿で表わされ,その形をミトゥナと称した。


(゚∀゚)キタコレ!!


この木彫はミトゥナだったのですね。



ちなみに、シヴァは、破壊神だそうです。

それらのエピソードを踏まえ、


わたしの脳内でシヴァ神は、

勝新太郎さんが配役されました。






本能とタテマエのお話。



ところで、みなさん。


こちらと・・・


こちら。



どっちのほうがお好みですか?




大概の親なら、こちら推しでしょう。

誠実感、福耳、安定感がパーフェクトです。



でも、本能に従うと、

こちらになるって人が多いのではないでしょうか。

破壊神シヴァとラ ン デ ブ ー。





先日、女子会をした時に、

結婚している2人(美人)は

何の準備も整っていないときに
恋に落ちたと言っていました。




・・・・控えめすぎて伝わりませんね。



「会ってその日にベ ッ ド イ ンして、

 何の約束もせずに別れた」


と言っていました。

(気持ちいいぐらいハッキリした美女たちです)




先に書いたカエルや

シヴァとパールバディのエピソードとかぶります。




人間や文明人としての頭よりも
動物としての本能が先にたった相手だったのですね。



計画や打算の対極にある例ですが、

現に2人は幸せです。








条件ではなく、
本能に従えるのは、
ある程度、
自分の 欲 望 がクリアになっていないとできません。






ちなみに、私、

このエピソードが最近のお気に入りです。



ドヤる男性も可愛いですし、


打算や計算から

開放された女子ならではの

行動だなと思います。







「本当はこうしたいのに◯◯」



「本当はこうしたいのに◯◯」

というねじれ現象が起きているときは、

一回マッサージでも受けて

心とカラダを開放したらいいと思います。


理想と現実が脳内で混乱している人は、

大概、カラダも頑なですからね


ゆるんで、思考の断捨離ができますよ。

そして、カラダが何を求めているのか、耳を傾けてみてください。


頭で考えていることより、

カラダが求めていることをするのが、

一番すんなり肚落ちします。




一度きりの人生ですから、

親の意向やタテマエや見栄を取りすぎて、

本心が見えなくなってしまわないように


恋より先にできる準備。


まずはあなたの

カラダと心を

両思いにさせてあげてくださいね。




それでは今日はこの辺で。

 今日の記事が良かったら「いいね」 

 また明日も読みたいと思ったら 

読者登録ブックマークをお願いします! 



それではまた明日お会いしましょう。 

良い時間をお過ごしください! 

またね! 




メディカルタイマッサージトークセンSunari

健康なうちに 平和なうちに できること 90歳までやりたいことが続けられよう Sunariは応援します。 未病ケアスペシャリスト小林由佳は、あなたの健康の番人です

0コメント

  • 1000 / 1000